薬剤師

薬剤師

薬剤師の求人、転職について調べてみました。

ハッピー通販 > 薬剤師

薬剤師求人

求人のほとんどは薬局と医療機関、そして製薬会社に所属勤務していますが、それ以外で勤務されている方もおられます。

例として、製薬会社と医療機関の間にある卸売販売業者に在籍して、医薬品の流通の管理に携わる人々がそれに当たります。
他には、行政機関の公衆衛生のお仕事。食品衛生や感染症などの問題だけではなく、医薬品、麻薬、毒物等に関する行政指導も公衆衛生の関連分野で活躍している薬剤師が存在します。

次に、学校薬剤師。
あまり知られてはいませんが、あらゆる学校に学校薬剤師と呼ばれる専門家が在籍しています。ですが学校薬剤師は常に学校に居るわけではありません。
保健室の医薬品の管理のほか、飲料水のチェック、トイレの衛生状態のチェックなど、主には環境衛生の検査を業務としていますので、必要に応じて定期的に学校を訪れて仕事をされています。

新薬の研究に直接かかわっている方もいます。
こうした場合は、薬学者(博士号所持者など)が一緒に資格も持っている、というケースが多いですね。
非常に少ないケースにはなりますが、麻薬取締官、科学捜査官などの環境で活躍している方も存在します。
このように色々なところで勤務されています。今の環境に満足出来ない方は少しでも条件の良い職場に行きたいと思われる方は多いと思います。転職サービスのサイトを活用して失敗のない転職を実現してください。

薬剤師 資格

2006年から薬学部が四年制から六年制へと変更され、資格取得はより難しくなりました。
六年目まで進んで薬剤師国家試験の受験資格を得れば、国家試験そのものの合格率は九割ほどなのですが、そもそも順序として共用試験に合格しなければ絶対に国家試験を受けらないの現状です。

一時期、人気が急騰しました、全国展開のドラッグストアチェーンが急増し店舗ごとに、医薬品を販売するための薬剤師資格所持者が必要となったからです。
一時は需要に供給がまったく追いつかず、社会問題になったほどです。

2009年、薬事法の改正により、医薬品の販売業務の一部が、「登録販売者」という資格の所持者にも認められるようになったので今ではほぼ解決しています。
この登録販売者も一年以上の実務経験を要求される上、試験を受けて合格しなければなることはできませんが、六年間大学に通わなければならない国家資格に比べれば簡単ですので、資格所持者はあっという間に増えてしまい、以前のような重要性はなくなりました。
就職先はドラッグストアだけではありませんし、理系諸学部の中で比較すれば薬学部出身者の就職が有利であることに変わりはありません。
ですが、薬学部を六年かけて卒業とういう長い時間を取られ、学費が非常に高い割にはコストパフォーマンスが高く、引く手あまたの有利な職業という安直な認識は、多少改めた方がよいと思います。
転職先を探す→薬剤師のお仕事

薬剤師 トップへ戻る