プラセンタ

プラセンタ

プラセンタについて調べてみました。

ハッピー通販 > プラセンタ

プラセンタ効能

まずはプラセンタとは何でしょう?英語で胎盤という意味です。健康食品や化粧品で「プラセンタ」と呼ばれているのは胎盤そのものではなく、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子(グロースファクタ)や他の栄養素を抽出したものことです。効能としては、「美肌」「アンチエイジング」「更年期障害」「ダイエット」「バストアップ」「ホルモンバランス改善」「育毛」など女性にとってこれ以上のものは無いと思います。更に、もともと肝臓や肝機能障害を持つ人に処方されている医薬品ですので、二日酔いにも効果が実感できる方が多いというのもうなずけます。他には、頭痛や肩こりがひどい、顔の吹き出物やくすみが増える、胃の調子が悪い、手足が冷えるなどの症状は代謝の低下が原因ということもあります。この基礎代謝を向上させる作用があるといわれています。この様に多種多様で色々な用途に使われています。

プラセンタ化粧水

商品化された化粧水も沢山有ります。しかしちょっと待って下さい。この化粧水で被害が出ているのも確かです。
(40歳女性)プラセンタエキス配合の化粧水、サプリメントを使用したところ、全身の紅斑、浮腫、接触性皮膚炎などを発症。使用をやめたところ、軽快したという報告があります。
多種多様なので、さまざまなアレルギーがある中、肌から入って効果のあるものが取り立てて確認できない上に、アレルゲンや細菌の温床になりそうな栄養入りの水を顔につけることは、オススメ出来ません。
例えば、薄毛の人が他人の毛を頭に貼り付けても毛は増えません。コラーゲン(つまりはゼラチン)を肌に塗っても肌に入ることはなく、中に含まれるヒアルロン酸やグリセリンといった保湿成分にごまかされているだけです。このようなことを踏まえた上でオススメ出来るのは
こちらです↓
元タカラジェンヌも愛用の薔薇化粧水

プラセンタ 注射

注射をすることによっていろいろなことに効き目があります。しかし注射することでリスクがあるのもなのでしょうか?
注射の使用が開始されてから40年ほど経ちます。その間、注射の利用することによって感染症を引き起こしたという報告が日本全国でも海外でも一件もないそうなのです。ですが考えてみるとパーフェクトに注射による感染症の疑いを否定することはできないのです。
プラセンタ注射をすると献血ができなくなってしまうのです。2006年に厚生労働省が通達したもので、1度でも使用した場合は献血をしないようにということでした。輸血のセキュリティーを優先して念のためリスク回避でとられた対応のようです。得られる効果と、リスクがある点をマスターした上で、同意書にサインをして注射を受けることになります。
注射することにより赤くなったり、赤い発疹がでたり、発熱したりするなどの症状がでるような場合もあります。効能や効き目は多岐に渡っています。しかしリスクもありますので十分考慮した上で、信頼のおけるクリニックで受けることをおすすめします。

プラセンタ トップへ戻る